会社経営とビジネスフォンの重要性

2014 年 8 月 3 日 コメントはありません

会社経営で意外に大きなコストとなりますのが、通信費の問題です。各部署に一台一台回線を引き、それぞれ専門の電話回線を用意することなると、下手をすれば社員ひとりひとりに電話を用意しなくてはならない羽目になりかねません。そこで多くの会社では、ビジネスフォンというものを利用して、回線を一本化することで通信費の削減をしています。

ビジネスフォンとは複数の外線と内線を共有できる電話機です。
ビジネスフォンのメリットは、回線を共有しているので、部署間の呼び出しが非常にスムーズに行くということです。もし、外部からの連絡があった時、対応担当の人間に即代わることが出来るので、先方を待たせることなく失礼のない取引きを行なうためにも、ビジネスフォンの導入は重要なことだと思います。

ビジネスフォンを導入する上で必要になことは、専用回線の契約をするということと、ビジネスフォンの電話機を用意しなくてはならないという事です。

この回線についての情報や、お得なビジネスフォン本体の情報など気になる費用面ですが、コスト削減ナビというサイトに詳しく書かれています。
コスト削減を第一に考えてビジネスフォンを選ぶのであれば、こちらのサイトでしっかり下調べを行なってから導入をして欲しいと思います。

複合機のリースなら中古も対応の「複合機の達人」

2014 年 7 月 22 日 コメントはありません

ビジネスに限らず個人ユースにおいても複合機の存在は欠かせないものになっています。
コピーはもちろん、電話やファックスそしてスキャン機能などを兼ね備えた“スグレモノ”である複合機ですが、購入しようとする際に価格面で躊躇(ちゅうちょ)する場合があると思います。

ここでは、“スグレモノ”の複合機をリースする際に重要な、価格や性能、そして条件面での比較サイトである、「複合機やコピー機をリース・レンタルで比較(中古も対応可)複合機の達人」をご紹介したいと思います。http://www.hukugouki.com/

http://www.hukugouki.com/

複合機の達人では、新機種をはじめ中古の複合機のリースについて詳細な説明がされています。
「複合機の導入は初めて」と言った方々のために、よくある質問欄を設け、また一括見積ができるように配慮がなされていますので、安心して自分の予算や用途に合った複合機を選択することができます。

複合機の達人は毎月約100社が利用しており、価格での比較や契約方法での比較、そして好みのメーカーでの複合機の比較ができることが、多くの会社が利用する大きな理由となっています。
また、「格安の複合機会社が見つかる3つの流れ」と言う、ノウハウや現在の相場などが掲載されていますので、初めて複合機を導入しようと考えている方も、簡単に自分の好みに合った複合機を選ぶことができます。

複合機の導入をご検討であれば、ぜひ関東や関西九州をはじめ、全国の複合機取扱い企業が登録されている複合機の達人を活用されることをお奨めします。

中古複合機でも新品と変わらない物もある

2014 年 7 月 13 日 コメントはありません

複合機は高いから中古で我慢しようと考えている企業もあるかもしれません。ただ中古というと、古臭い、壊れかけ、汚れているなんていうようにとにかくマイナスなイメージを持たれがちです。中古とはいえ商品ですのでちゃんと修理やメンテナンスが行われていて、汚れもできる限り落とした物が販売されています。中には新品とほとんど変わらないような中古複合機が格安で販売されています。中古に対するイメージを捨てて複合機を選んでみましょう。

中古の複合機は古くなったものから最近型まで様々なバリエーションが揃っています。そのため選んだ複合機によっては高性能ですし、掘り出し物を見つけることができれば新品とほとんど変わらない使い勝手の良い複合機を見つけることができます。中古品とはいえ侮ってはいけない物が沢山ありますので新品を選んでみる前に一度中古もチェックしてみてください。

中古の複合機を選ぶときには値段だけで選んではいけません。複合機の性能が会社にハマっているものなのかがとても大事です。一日の仕事量をこなす分には問題のない性能の物を最低限選んでみましょう。あまりにも古すぎて仕事をしていたらすぐに壊れてしまったなんてことのないように気を付けてください。

サーバ仮想化ならVMware

2013 年 4 月 27 日 コメントはありません

企業が管理する数多くの情報、これらの情報を管理するのに便利な「サーバ仮想化」をご存知でしょうか?企業やオフィスで使われているコンピューターには数多くの情報が保存されており、USBやインターネットを通して情報がやりとりされています。しかし、USBやインターネットを使っての情報のやり取りでは、情報をやりとりする課程で、大切な顧客の情報などが漏えいしてしまう可能性があります。
また、コンピューターにデータを保存し、管理するということは、ハードディスクを使って情報を管理することから、万が一の災害や故障などにより、コンピューターがダウンしてしまった場合には、大切な情報を失ってしまう可能性もあるのです。そんなトラブルを防止するのに役に立つのが、サーバ仮想化なのです。

VMwareでは、サーバ仮想化を提供しており、大手の企業のサーバ仮想化も手がけてきていることから、数多くの実績と信頼があるのです。サーバ仮想化を取り入れることにより、社内でのデータの共有がスムーズになったという声や、ハードディスクが故障してしまっても、サーバ仮想化を利用してデータを管理することにより、いつでもどのコンピュータからも、必要に応じて、さらに安全に情報を取り出すことができるのがまた便利なところなのです。

VMwareはこちらのサイトが良いですよ。